FC2ブログ







月例川崎マラソン(泉州1週間後)+古豪復活 

2/22(月) 朝11km(1時間7分、開始9:21)
2/23(火) 昼1.5km、夜8.5km(46分、開始22:29)
2/24(水) 昼1.5km、夜9km(45分、開始45分)
2/25(木) 昼1.5km、夜10km(51分、開始22:43)
2/26(金) 昼2km、夜10km(51分、開始23:14)
2/27(土) 朝8km(44分、開始10:24)、夜12km(56分、開始18:33)
2/28(日) 月例川崎マラソン(5km=19分7秒アップ、10km=36分38秒、ダウン2km)、夕方10km

また一週遅れです。泉州一週間後でしたが行ってきました。回復は順調で、10km全力で行っても、フル一週後特有のしんどさもありませんでした。展開は2位争いをしていて、第二折り返し後、追い付いて前に出たが、残り2.5kmくらいで前に出られ、そのまま15秒差で逃げ切られる。相手は若い感じがしたのですが、結果を見てびっくり。49歳!んっ?と思い検索したところ、なんと福岡ランナーでした。納得。

ゴール後、東京マラソンのアップデートを固唾を飲んで見る。ハムの人が40分切りそう…切った!!すごいの一言に尽きます。先週の泉州後にお話しさせてもらって、「あくまでも目標は40分切り」という言葉を聞き、内なる闘志を感じ取っていたところですが、まさか別大の三週間後に快挙とは!それと年齢(53)を考えると驚異的です。ワキさんも43分台と復活!ミヤーンさんも別大で40分切って、同じく先週の後にお会いしたナッ〇ーさんも復活の足音が聞こえてくるし、きっと胡瓜さんも…とにかく一昔前にしのぎを削った仲間が、この歳で復活するのは本当に喜ばしい事です。まさに古豪復活です。年長の人が頑張ると「自分もきっと出来る」と刺激を受けます!

3月 月間累計345km、年間累計784km
スポンサーサイト




[2016/02/28 21:51] 大会、記録会 | TB(0) | CM(0)

第23回泉州国際市民マラソン  

2/15(月) 夜10km(48分、開始23:11)
2/16(火) 昼2km、夜9km(48分、開始23:15)
2/17(水) 昼2km、夜5km(27分、開始23:55)
2/18(木) オフ
2/19(金) オフ
2/20(土) 6km(ラスト400mダッシュ)
2/21(日) 第23回泉州国際市民マラソン

泉州の完走記、滞りました。というのは、月曜日まで実家に帰省していて、親のPCを借りるのも面倒で、スマホでの入力は好きでないため、ここまで遅れてしまいました。(誰も期待はしてないけど…)

と言う事で、昨年に続いての参戦。東京マラソンが当たっていれば、こんな遠征をする必要もないが仕方なしの参戦である。話は脱線するが、東京マラソンの準エリート枠は本当に不公平だ。私の所属する神奈川陸協は、提携大会もなく、陸連も提携していない。東京の隣にあり、人口もこれだけ多いのに、準エリート枠が全く設けられていないのである。詳細はよくわからないが、山梨なんか提携大会が無くても、陸連は提携しているのである。と言う事は推薦さえ受ければ、東京マラソンに出れる?陸連登録は、原則、居住地か勤務地所在地の陸連と聞いた事があるが、防府で会ったダ〇くんによると、どこでも出来るとの事。横浜市陸協に登録していても、何のメリットも無いなら、東京マラソンに出れそうな陸協(例えば、前述の山梨とか、新潟マラソンに出るなら新潟とか)に来年は国替えしようかな!?とも考えてしまう。

こう考えると、神奈川陸協はなっていないと思う。これだけ人口を抱えていながら、現時点でフルの公認コースすらないのである。(横浜マラソンは距離不足、湘南もコースが一部変更になって公認されていないはず)こんなところに登録していても、何の意味も持たないのではないか??

前置きは長くなったが、こういう事情があっての泉州参戦。この大会、聞く人によって風向きの情報が異なるのであるが、コースが南西に下るほぼワンウェイのコースにつき、北から北東の風が吹けば、好記録が出る大会だと思っている。昨年は強烈な西風であった。今年は北からの風に期待したものの…蓋を開けると北西からの風。最寄り駅出ると、幟がバタバタしていて青ざめる。

さらに青ざめたのはブロック入りするまでのバタバタぶり。昨年出場して要領を得たせいか、出発も昨年より遅く、会場到着も最寄駅が8時半過ぎ。トイレは西梅田のヒルトンで済ませていき、万全と思っていたが、例によって会場に着くと催してきた。でも、穴場のトイレがあるから大丈夫と踏んでいて、アップ中の正〇さんに遭遇。アップ中に申し訳なかったが、けっこうお話し頂いた。将来の事を考えて、ちゃんとストレッチするようにとのご助言も頂いた。話し終えて時計を見ると、9時20分過ぎ。「あっ、もう1時間ちょっとしかないやん」と少し焦る。大の方は、このまま我慢すると危険水域までやってきてたので、穴場トイレを目指したところ、事もあおろうに「止水中のため使用禁止」の貼り紙が!仕方なしに列に並ぶ。ここで20分も並んでしまい、トイレ出たら9時50分になっていた。そこから慌ててゼッケンを付け(安全ピンが小さく、焦っていると付けにくい事この上なし)。大慌てで着替えて、荷物をまとめたのが10時5分くらい。ここから500m近く離れている荷物預けまでダッシュ。到着すると「荷物預けは締切ました」とのアナウンスが!ここは無難に切り抜けたが、今度は「あと2分でブロックを締めます。ブロック入り出来なければ、最後尾からのスタートになります」のアナウンスが!これは焦った。禁断の技の最中であったが、これもほどほどにダッシュでブロック入り。これもなんとか間に合ったが、超バタバタであった。フル60回くらい走っているが、これほどバタバタしたスタート前は初めてであった。

こんな感じのスタート前だったので、スタート自体もあっという間にやってきた。アップもしてないし、気持ちも落ち着いていないから、「ちゃんと走れるのだろうか?」の不安もよぎる。で、スタート。心配していたペースへの対応は問題なかった。問題は適正集団がいない事。前の大きい集団はおそらく5km18分くらいで行く集団。これに付いていくのは怖く、かと言って、後続で集団が出来ない。スタートして2kmもしないうちに、単独か多くても3人の集団で走る事に。

最初の5kmくらいまでは北上するが風向きがイマイチわからない。5kmを18'24で通過。これもまずまず。折り返すとやはり向かい風だったが、昨年よりはマシな感じがした。昨年はk3'40切るペースでハーフまで行き、そこで力尽きたので、今年はそれを避けるべくペースは抑えた。10kmくらい?に後続が追い付いてきたので、それに付いていった。けっこうペースが上がってる気がしたが、それでもk3'45に行くか行かないかのペース。ハーフも1:19'03と40分切りには、ほぼ絶望的なペース。昨年より1分40秒くらい遅い。

ただ、足は昨年と比べるとかなり残っている感じがしたので、昨年比1分50秒のロスはここから縮めて行く予定だった。良いペースで走ってる外人さんに付かせてもらったが、落ちてる感じはしないものの、何故かk3'55まで落ちていて、それ以上上がらない感じだった。20~25kmが19'27、25~30kmが19'46。昨年はあれだけしんどかったものの、それぞれ19'32と19'56と、昨年比、まったく挽回出来ていなかったのである…

で、そうこうしてるうちに33kmからの橋越えに…海からの風が強烈そのもの。特に1本目の坂がきつい。ここは懸命に走ってもk4はなかなか切れない。次の5kmは20'17。37kmくらいでようやく向かい風に別れを告げて、北上する。案の定、追い風。36kmくらいで脹脛がピクッと来たので、あまり無理は出来ない。もちろん3本目の坂を乗り越え、あと1本!最後の坂もなんとか乗り越え、あとは下りと追い風を受けてゴールするだけ。去年までは公園に入って、ヘアピンを2回経てのゴールだったが、今年はコースが変更になり、終始道路を走れるコースに。これはありがたかった。タイムも、この前の勝田を上回る事も難しく、あまり目標と出来るタイムもなかったが、福岡は上回れそうだった。最後もそんなんに無理はせず、2時間43分21秒でフィニッシュ。今年6本走って、これで4回目の43分台だが、一応はシーズンベスト2の結果です。

着替え終わって帰ろうとしていたら、久々に森〇さんに遭遇。那〇も加わり、懐かしい話し?で盛り上がりました。最後の最後にはナッキーさんにもお会い出来て、しのぎを削ったメンバーと会えて楽しかったです。皆さん、目標はあくまでも40分切りなんで、これまた刺激を受けました。この人達なら言葉だけでなく、本当にやりそうなんで、気合いが入りますね。

と言う事で、一週間経ち、大会の記録を見ると、昨年よりタイムは落ちたものの、登録の部では昨年の20位台からアップし14位だった。気象条件は今年の方が良かった感じがするが、40分切りも僅か12人。潰れてるランナーも多かったので、案外条件は今年の方が悪かった??それと過去の大会の結果を見て思うのですが、良いタイムが続出している年もある。このコースでこれだけタイムに変化があるのは、風向きしかないと思う。追い風基調になれば、このコースだと簡単に3~4分くらい差が出るのでは?とも思う。

それと40分切りについての感触は…自分の場合、やはりk3'40あたりで突っ込んで、ハーフを77分台で入り、あとはどれだけ粘れるかの戦法じゃないと切れないのではとハッキリそう思うようになってきた。78分半くらいのペースだと、よほどペースが安定した大集団じゃないと、ただでさえ右肩下がりになるところが、少人数の集団だと落ち幅も大きくなるので40分切りは難しくなると思う。この辺を肝に銘じて、次の板橋では一矢を報いたいと思います。希望は5km=18'30くらいを安定して刻んでくれるグループが望ましいが、どうしてもk3'40かk3'45に分かれるので、このくらいって微妙なんですよね。

5km 18'24 (ロス3秒)
10km 37'04 (18'40)
15km 55'58 (18'54)
20km 1:14'50 (18'52)
中間 1:19'03
25km 1:34'17 (19'27)
30km 1:54'03 (19'46)
35km 2:14'21 (20'18)
40km 2:34'38 (20'17)
Goal 2:43'21 (8'43)

前半 1:19'03
後半 1:24'18

備忘録:
前日就寝22時、起床4時半、朝食おにぎり大2個+お餅4つ。実家最寄6:36発、浜寺公園8:34。荷物預け10時10分。スタート位置5列目あたり。
堺市西区 北西4mくらい。
[2016/02/21 23:14] 大会、記録会 | TB(0) | CM(0)

勝田後、泉州前 

更新滞っているので、日常ランは割愛して、勝田後、泉州前のポイント練習のみ取り急ぎ書きます。勝田後は、予想外に回復が早く、表面上の疲れは抜けてる感じ。

・2/7(日) 10km-36'19 極寒の中、かつ、勝田一週間後にしては上出来。
・2/14(日) 5km-17'42 先週とは打って変わって、4月中旬?くらいの温かさも、春一番の風が超キョーレツ。温かいから短い距離にとっては体が動く要因になるかと思ったが、やはり強風はそれをかき消すマイナス要因となりますね。

来週の今頃は泉州も終わってますが、移動手段も含めて、まだ何も準備してません。

2月 月間累計166km、年間累計605km
[2016/02/15 00:40] 未分類 | TB(0) | CM(0)