FC2ブログ







historic collapse 2012 

今日のラン
朝ラン 6km
夕方ラン 32km (2時間33分)

ボルティモアに3ゲーム差に縮められての直接対決3連戦。まさかこの時期にボルティモアと首位を争うとは1カ月前までは夢にも思っていなかったが、さきほど8回まで流して見たけど、BALの大した特徴のない先発に手も足も出ず、唯一のチャンスもいつもの拙攻、タイムリー欠乏症、それにまたもや黒田を援護出来ず、目も当てられない状態。この試合1点でも取れたら奇跡やと思います。客も終始静か。3カード連続、長期連敗中のチームにも取りこぼし、もうどうしようもないですね。まあこの崩壊は7月中旬のオークランドでの4連敗から始まり、けが人続出、チームも平均年齢が高く、ホームランでしか点が取れない、先発投手陣は不安定+故障による駒不足。昨年ボストンが9月に9ゲーム差をひっくり返されポストシーズン進出を逃したが、このままではその続編を演じる空気が充満してます。

7/18現在
AL EAST
NYY -
BAL 10
BOS 10.5
TB 10.5
ワイルドカード首位に7.5、ワイルドカード2位に9.5差を付けていたが…

今日現在
AL EAST
NYY -
BAL 2.0
TB 4.5
ワイルドカード首位に1.0、2位に2.0ゲーム差

崩壊の序曲はもう完全に始まっております。

ランはナイキのランニングアプリで計測。距離測定にけっこうブレがあるが使えるアプリだと思います。

本日の走行距離:合計38.0km、月間累計38.0km、年間累計2,685.5km

スポンサーサイト




[2012/09/01 10:45] Yankees | TB(0) | CM(0)

51→31 

今日のラン
ジョグ 12km(57分)

関西よりましだがかなり蒸し暑い。走っていても不快。こういう不快な天気になると、例の黒光りしたグロテスクな物体(GKBR)が暗躍し始める。ここんとこ外で遭遇する事が多くなってきた。ウナギの稚魚は絶滅して欲しくないが、こいつらを絶滅に追いやる方策は無いものか…

さてさて、朝からびっくりのニュースが飛び込んできた。毎朝、最寄の駅で電車を待ってる間の習慣は、アメリカのスポーツの動向チェック。7時の段階では、ニューヨークの専門サイトも主だったニュースは無かった。で、1時間くらいしてから嫁さんから「イチローがNYYに移籍」とのメールを受信した。サイトをチェックしたら速報として報じられていた。

双方の思惑にはまった良いトレードだと思う。NYYのチーム事情から言うと、ガードナーという俊足のレフトが開幕直後から故障者リスト入りして、復帰間近と何回か報じられたがその度に再発し、先日手術をし、今季がほぼ絶望となった。こういう状況につき機動力を全く生かせてなかったのと、外野の守備はセンターのグランダーソン以外は並み以下なので、その穴を埋めるにはイチローはぴったりという事になる。交換要因の若手二人もトッププロスペクツでは無く、かつ、金銭付きなので代償も大きくないと思われる。

一方のイチローも若返りを図るチームで自分の置かれた立場、毎年下位に甘んじるチームではモチベーション維持も難しく、かつ、まだWS制覇を味わってなく年齢的にも厳しくなっている事を考えると、NYYはぴったりというチームになる。

昨年からイチローの成績が落ちていて、それが今季も続いているのが気になるが、新しいチームでモチベーションも上がる事だし、きっと復活してくれる事と信じてます。で、気になるポジションと打順。ライトのスウィッシャーが今週金曜日まで故障でアウトと報じられているので、それまではライト。スウィッシャーが戻ってきたらレフトでしょう。イチローのレフトは見た事無いのでこれも楽しみ。打順は監督が「下位での起爆剤に期待」と言っているので、8番、9番??イチローが下位を打つのも想像出来ないけど、1番ジーター、2番イチロー、今2番を打ってるグランダーソンを6番あたりで起用した方が個人的には良い感じがします。グランダーソンは一発があるが、三振も多い。背番号は本人も言ってるけど、NYYの90年代後半からの黄金期を支えたバーニー・ウィリアムズが51番を付けていたので、それは避けて31番になりましたね。あと面白いデータとしては、同じチームに通算安打数が2500本を超える選手が3人揃うのは、1920年代以来だそうです。(ジーター=3212本、Aロッド=2871本、イチロー=2534本)

ホームでのデビュー戦は、今回のシアトルの遠征が終わった後の現地金曜日から始まるボストンとの3連戦。いきなりボストン戦とは強烈です。シアトルでは味わえなかった異様なライバル決戦の雰囲気も是非味わって欲しいと思います。

それとイチローを追いかけた川崎はどうなるんでしょう??…

本日の走行距離:合計12.0km、月間累計362.0km、年間累計2,136.0km
[2012/07/24 23:59] Yankees | TB(0) | CM(2)

リベラの予期せぬ負傷 

今日のラン 
ジョグ 19km (1時間30分強、2km=7'02)

雨が上がった夕方からジョグしたが、みなとみらい、山下公園界隈はものすごい人だった。2kmは調子良く推移。

NYYの偉大なクローザー、リベラが打撃練習中にフライを追いかけた際に膝を捻り、結果靭帯断裂で今季絶望…今季が現役最終年とも噂されていただけに、今後どうなるか気になるところです。ファンとしてはとにかく一刻も早い回復を祈るばかり。しかし、この戦線離脱は痛いってもんじゃありません。チームも下位相手(いつもはお得意さんのボルティモアは現時点では成績が上なので、下位とは言えないが…)に3連敗中に、タンパベイが不甲斐ないシアトル相手に4連勝と、ゲーム差もあっという間に4.5に広がった。キャンプが始まる前は、「最強のローテ」と評されていた先発投手陣も、開幕1カ月を経て、先発の防御率は下から数えた方が早いという有様。(結局昨シーズンから何も改善されず) 偉大なクローザーの予期せぬ故障とともに、チームの今季も早くも終わりが見えたかもしれません…

本日の走行距離:合計19.0km、月間累計50.0m、年間累計1,145.0km



[2012/05/04 23:53] Yankees | TB(0) | CM(0)

あっけなく散った 

今日のラン
朝ラン 12km (1時間2分)
夜ラン 11km (57分) + 1km

NYY、あっけなく1回戦で敗退。まあそれにしてもここ一番で決定打が出ない事。今日も1アウト満塁のチャンスを二度作りながら、結局一点。それとA-Rod。2009年は超人的な活躍で優勝に導いたけど、それ以外はさっぱり。今日も7回1アウト満塁のチャンスで三振。最後の打席も三振。あまりのチャンスの弱さに本当唖然としますよ。しかし、普通、第4戦をあれだけ劇的な勝ち方をしたら、流れも変わり、波に乗って普通は勝つやろ~。と言う事で、今年のメジャーも終わり。後はどうなろうと知ったこっちゃないが、願わくばフィラデルフィアに敗退してもらい、後は初優勝とか久々の優勝のチーム(セントルイス以外)同士でやってもらいたい。

三連休、帰省します。

本日の走行距離:合計24.0km、月間累計158.5km、年間累計3,404.5km
[2011/10/07 22:25] Yankees | TB(0) | CM(0)

嬉しい誤算 

今日のラン
オフ

朝晩ともに降雨につきオフ。

NYY、昨日王手をかけられ万事休すかと思ってましたが、バーネット以下、昨日不調だった皆さんも活躍し、第4戦を10-1と圧勝。明後日決戦の第5戦がNYで行われます。バーネットは結果的には好投した形だが、1回ウラ2アウト満塁でグランダーソンの超ファインプレイが無かったら、おそらくチームも敗退していた事でしょう。









[2011/10/05 21:26] Yankees | TB(0) | CM(0)

終わった 

今日のラン
朝ラン 5km (27分)
夜ラン 15km (1時間18分) + 1km

「今日はこの秋一番の冷え込みでしょう」との天気予報を鵜呑みにし、ジャージで走ったらめちゃ暑かった!しかし、最近の天気予報って全く当たらないですね。

NYYも接戦を落とし、背水の陣。明日負ければ終わり。そんな試合に先発がバーネット。完全に終わった。。。それにしても、一回戦負けをするいつもの典型的なパターンです。A-Rod、テシェイラ合わせて3試合でヒット1本。A-Rodは無安打で、2008年以前のポストシーズンに全く打てないA-Rodに逆戻り。ジーターも終盤の好機に二打席とも空振り三振。(往年のポストシーズンでの勝負強さが無い)7、8回当たりに致命的な一発を浴び、そのまま逃げ切られる。しかし、同じ相手(デトロイト、2006年)に2回も負けるなよな、まったく。

本日の走行距離:合計21.0km、月間累計111.5km、年間累計3,357.5km
[2011/10/04 23:19] Yankees | TB(0) | CM(0)

殺し損ねた 

今日のラン
ジョグ 10km + 1km

ランは積極休養。

メジャーもあと3試合と大詰め。NYYは既に地区優勝とリーグ最高勝率も決め、現地今週金曜日から始まるプレイオフに向けて、いわゆる調整の試合が続く。一方、ワイルドカード争いは、ボストンが9月に入って急降下(今日開始時点で6勝17敗)で、タンパベイと9.5ゲームあった差が、1.5ゲームまで縮まってきた。で、NYYは今週末ボストンとNYで三連戦。昨日は9-1とボロ勝ち。今日がダブルヘッダーで、初戦を6-2でモノにし、連勝すればいよいよワイルドカードゲーム差なしまで引きずり降ろせるところだったが…延長14回に相手に3ランを打たれ万事休す。今回のボストンの凋落劇は、2007年のNYMの凋落劇よりひどく、見ていて痛快そのものであるが、あと一息のところで息の根を止める事が出来たのに残念極まりない。逆に勢い付きそう。残り3試合、タンパベイはNYYと3連戦。NYYは既に本気モードでは無いので、タンパベイが普通にやれば勝てると思う。一方、ボストンは、先週地元で手こずった最下位ボルティモアが相手。ボストンは今日のダブルヘッダーは、両試合ともベストメンバーで臨み、かつ、抑えのパペルボンも同点の場面で2回以上放らせているので、状態はキツイ事この上なしに違いない。同率で並んだ場合は、ポストシーズンをかけてのワンゲームプレイオフ。残り3試合、目が離せません。

本日の走行距離:合計11.0km、月間累計531.5km、年間累計3,177.5km
[2011/09/26 22:34] Yankees | TB(0) | CM(0)