FC2ブログ







映画ネタ 

今日のラン
ジョグ 20km (1時間36分、L1km=3'37)

一定ペースでジョグ。昨日オフにした分、足も軽かったです。明日は泉州マラソンがあるけど、走る皆さん、頑張ってください!寒いのでワタクシは多分、摂津淀川は行きません。

最近、映画の話題を挙げてないけど、昨年1年ではゆうに100本以上は見たと思う。先週末は、「硫黄島からの手紙」、「父親たちの星条旗」、「ブラックホーク・ダウン」の戦争物を3連荘で見たが、「戦争とは?」と考えさせられる内容だった。渡辺謙は、「ラスト・サムライ」といい、「硫黄島からの手紙」といい、良い味を出してるなぁ~。

本日の走行距離:合計20.0km、月間累計228.0km、年間累計614.2km
スポンサーサイト




[2008/02/16 19:32] 映画 | TB(0) | CM(2)

ここ数日のDVD 

今日はランはオフです。超回復に期待です~。

昨年末からDVDを見まくっていて、最近は寝る前の習慣にもなってます。
ここ数日で見た作品は以下のとおり。

・戦場のピ○ニスト(原題:The Pianist)…かなり重いです。第2次大戦でドイツ軍から迫害を受けたユダヤ人の話しが中心ですが、それを主人公のピアニストにスポットを当てて描いてます。ラストに至るまでの描写がリアルです。エイドリアン・ブロディーの演技は、アカデミー主演男優賞を取っただけあって必見です。
pianist.jpg

・ミス○ィック・リバー(原題:Mystic River)…イーストウッド監督、ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコンの演技派が織り成すサスペンスもの。こちらも重い内容ではありますが、見応えあります。幼馴染だった3人が、ある事をきっかけに25年後に再会。いろいろな問題を抱える3人だが…イーストウッドの作品は、「影」のある作品が多いですね。描写はめちゃ上手いと思います。
mystic_river.jpg


[2007/02/13 21:59] 映画 | TB(0) | CM(0)

年末年始のDVD 

年末年始の休み中、DVD観賞は順調にこなしており、以下の作品を見ました。

・スーパーマ○リターンズ(原題:Superman Retruns)…おそらくこのシリーズを見るのは初めてだけど、まあ単純に楽しめました。いわゆるスパイダーマン系のスーパーヒーローもんで、ケビン・スペイシーは相変わらずの悪役で笑えました。
superman_returns_ver3.jpg

・アイ○・エイジ2(原題:Ice Age 2 : The Meltdown)…マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーの3匹が織りなすアドベンチャー・アニメ。CGは凄いですね。子供でも楽しめます。前作の方が楽しかったかな。
ice_age_two_the_meltdown_ver2.jpg

・ウェディン○・クラッシャーズ(原題:Wedding Crashers)…全米での興行成績が2億ドルを突破するという超ヒット作だが、日本では劇場未公開となった作品。激烈?ラブコメディもんですね。アメリカと日本とでは笑いのツボが違うので日本未公開となった理由がわかるような気がします。日本人にとってはギャグのシーンがちょっと下品すぎる場面もあるが、妙に笑える場面もある。まあ何も考えずに見れる作品です。好き嫌いがはっきりとわかれそうなので、お薦めは出来ません。
wedding_crashers_ver1.jpg

・ハッスル&フロウ(原題:Hustle & Flow)…これは良かったです。主演のテレンス・ハワードはこの作品で、昨年のアカデミー主演男優賞にノミネート。しがないポン引きが、ある事からラップに目覚めて、ミュージシャンとしての夢を追い求める内容で、黒人社会をリアルに描写してたり、アンダーグランドありのリアルな仕上がりとなってます。日本ではレイトショーのみの公開だったようですね。
hustle_and_flow.jpg

さて、今晩も見ようっと。
[2007/01/01 22:24] 映画 | TB(0) | CM(0)

レイ 

ちょっと疲れが溜まってる感じがしたので、今日は思い切ってランはオフにしました。その代わり、週末走れたらいいです。そういえば、最近、子供が早く寝るようになったので、嫁さんと一緒に映画を見る時間が出来ました。この前の休み中にジェイミー・フォックス主演の「レイ」を借りて見ました。ジェイミー・フォックスはこの作品で、今年のオスカーで主演男優賞を受賞しましたが、まさに「乗り移ったのでは?」と思われる迫真の演技です。幼少の頃、盲目になってから、スターダムにのし上がっていく過程、またスターになってからもドラッグや過去のトラウマに悩み、私生活では順風満帆には行かない苦悩の有様なども良く描写されてます。波乱万丈の人生だったんですね。また、レイ・チャールズの音楽はあまり詳しくないけど、全編にわたって繰り広げられる彼の音楽も素晴らしいです。特に♪Hit The Road Jackが曲として生まれてくる過程なんかは「なるほど」と思わせるものがありました。150分という上演時間の長さも感じさせない作品です。

ray.jpg
Ray

[2005/08/19 23:36] 映画 | TB(0) | CM(0)